就業規則の変更だけでない!コスト削減策も提案

労働基準法が改正した時の対応

労働者のための法律として労働基準法、その他の関連法があります。企業は一定の従業員を雇用する時には就業規則を作成しないといけません。この時、就業規則の内容は労働基準法を下ることはできず、下回る内容の部分は労働基準法が適用されることになります。かといってそのままにしておいて良いわけではありません。社会保険労務士は労務のスペシャリストです。労働基準法が改正した時などに、その改正によって必要になる就業規則の変更を行います。

会社にとって効率的な人事の提案

節税をしたいなら税理士に相談します。できるだけ少なく税金を払うようにするためです。企業としては、できるだけ効率的に従業員を雇用することを考えるでしょう。人件費を少なくして、労働者にはしっかり働いてもらいます。ただ、給料を下げたり、労働時間を増やしたりすればあまりうまくはいきません。社会保険労務士は、労務の専門家です。会社にとって効率的になるような人事の提案を行います。給与規則の提案なども行っていきます。

社会保険料や労働保険料の節約

企業が負担するコストとして、社会保険料や労働保険料があります。社会保険料は労働者と折半する必要があり、労災の保険料は全額企業が負担をします。ただ支払っていただけでは、どんどん支払い額が多くなります。社会保険労務士は、社会保険や労働保険に精通しています。保険料の算定方法などを知っているので、できるだけ少なくなるような仕組みを企業に提案します。賞与の支払いであったり、昇給の方法を変えるなどが知られています。

社会保険労務士の就業規則は、使用者が自力で作成したものよりも安心です。社会保険労務士という労働問題のエキスパートが、給与等の労働条件を就業規則としてルール化し、将来のトラブルに備えてくれます。