信用取引を利用することで投資機会を広げられる

資金不足を解消できる

株式の信用取引とは証券会社への預けた証拠金以上の金額を取引できる制度で一時的に証券会社から借り入れる形になっています。株式投資を行う際に資金が不足している同時に複数の銘柄に投資する事ができずに特定の銘柄だけに投資する事になったり、資金不足により中途半端な分散投資になってしまいます。しかし信用取引を利用することで資金不足を理由に諦めなくてはならない投資機会を失う事がなくなるので、結果的に投資の幅を広げることができます。

リスクにも十分注意するべき

信用取引は証拠金以上の金額を取引できますが、証拠金以上の金額を取引できるという事は口座に預けてある金額以上の損失が出る可能性もあるという事です。その為信用取引を利用しない取引と比べてリスクが高いのも事実です。リスクの高い取引を行う以上リスクの管理にはより気を使って取引を行わなくてはなりません。損失が証拠金と同じ額になった時点で強制的に決済する強制ロスカットのシステムを導入している証券会社も多いですが、そのシステムも必ず正常に作動する訳ではないので注意が必要です。

信用取引を長期的に活かす

株式の取引を行う際に信用取引を利用していると急激な株価の下落に対しては強制ロスカットで自動的に決済されてしまいます。2倍の取引を行っている場合は株価が半分になった時点で自己資金と同じ額の損失が出るのでそこで自動的に決済されてしまいます。信用取引を使用していると最終的に株価が上昇しても一時的な下落に弱くなるのです。その為資金が不足にしている間は信用取引を上手く利用して将来的には自己資金で投資ができるように計画的な投資をしていくのが好ましいです。

株の信用取引のリスクに対処をするときには、大手のファンドや信託銀行などのサポートを利用することが欠かせません。