準備は余裕をもって始めましょうね!最高のパートナーに依頼しましょう

知り合いから良い税理士を教えてもらうのも良いですね

相続する不動産がある人同士で情報交換をしていれば、どこに良い税理士がいるのかわかるでしょう。更にネットで信頼できそうな税理士を見つけるという作業も追加で行っておくとよですね。多くの情報を集めてそれらの中で最も信頼できそうな税理士に見積依頼をしてみましょうよ。実績が豊富な税理士法人の場合は顧客の一次対応がしっかりしているので電話してみたらそこもチェックしてみるとよいです。オペレーターがベテランの税理士を紹介してくれるでしょうね。

税理士法人の規模で決めるのは良くないですね

納税するのに手間がかかる相続税に関することなら大手の税理士法人に任せておけば良いだろう、と考える人が一定数いるようですがそうとも限らないですね。相続税を納めるまでには遺族との密なコミュニケーションや山林や建物などの資産評価に時間がかかることがあります。場合によっては相続税を支払わなくても良いケースもあります。そういった個別の事例に関して鋭い判断ができる人が必要ですよ。ですので中小規模の税理士法人であっても特別問題は無いでしょう。

料金体系がしっかりしている事務所はやはり良いですね

見積を依頼したらその金額を複数の税理士法人で比較してみましょう。同じくらいの金額で相続税の納税をしてもらえるなら、より付き合いやすい税理士に発注をしたらよいですね。因みに遠方で営業している税理士法人であっても1度はその事務所に足を運ぶことになるのでそれは覚えておいた方が良いでしょう。納税してもらってから万が一税務署が不備を指摘してきたとしても、しっかりしている税理士ならあなたに代わって対応してくれるので安心できますね。

相続の申告を税理士に依頼する際は、その税理士が節税対策に強いかどうかを確認することが大切です。相続税は他の税金に比べて納める額が非常に多くなるため、節税知識を持つ税理士を選ぶことは必須と言えます。