まずは基本事項から!失敗しない火災保険の選び方

まずは必要十分な保険金額を決めよう

火災保険を選ぶ際の最初のステップは、必定十分な保険金額を決めることです。この金額を決める方法は新価と呼ばれる新築するために必要なお金を元にする方法と、現在の建物の時価を元にする方法の二通りあります。いずれの方法が適しているかどうかは建物の種類や老朽化具合によりますが、現在は新価を基準にする方法が一般的なんですよ。時価を基準に保険金額を設定すれば毎月の保険料は安くなりますが、万が一の際に十分なお金を受け取れず、以前と同じ建物を得ることが難しくなってしまいます。

必要のない補償はどんどん削っていきましょう

現在の火災保険は、建物や家財に対して起こりうる様々な災厄を想定した内容になっています。たとえば台風や洪水による被害は勿論のこと、暴動や窃盗による被害もカバーされているんですよ。全ての補償内容にチェックを入れることで火災保険は万全となりますが、毎月の保険金が高額になりすぎて青ざめることに・・・。どう考えても起こりえない被害に対する補償は削った方が賢明です。たとえばマンションの3F以上に住んでいれば水災補償は必要ないです。賃貸住宅に住んでいる場合、補償対象は家財だけで十分。自分の現状に即した適切な補償を選び、保険料負担を抑えましょう。

地震保険を付けるかどうかしっかり考えよう

火災保険は建物や家財に生じうるあらゆる災難を想定した保険となっていますが、唯一の例外があることを知っているでしょうか?それは地震による被害なんですよ。たとえば地震が原因による津波や火災で建物にダメージが生じても一切保険金は受け取れません。地震被害が怖いのであれば、別途地震保険をオプションとして付ける必要があります。地震は広域に多くの建物に被害を与えるため、火災保険だけではとてもカバー出来ないというわけです。地震保険に加入することで受け取れる金額は建物と家財を含めて6000万円が上限ですが、保険会社の総支払額は7兆円まで。その金額を越えるほどの大地震だった場合は、満額を受け取れないことがあります。以上の注意点を踏まえて、地震保険をオプションとして付けるべきかどうかしっかり考えましょう。

近年の火災保険はリスク細分化型が販売されており、消費者が不要とした補償を外すことができるようになっています。