クリエイター系専門学校の選び方やポイントについて

まずは勉強する期間を決めよう

クリエイター系専門学校を選ぶ時に重要になる基準が、学習期間です。専門学校によっては4年制など、長期間学べる学校も存在しています。それぞれ期間や費用も異なるため、自分自身がどの程度の期間学び、社会に出るべきか考えてから専門学校選びをすることで、将来のビジョンをはっきりとさせることができるでしょう。クリエイターとして生きていく、という決意が固い場合には専門学校を選び、他の進路も視野に入れている、という場合には大卒資格を同時に取れる通信制大学と提携している学校を選ぶのも良いでしょう。

実習やインターンシップ制度について調べる

専門学校の中には、在校中に企業に直接出向き実習を受けたり、インターンシップとして働ける制度が整っているものがあります。こうした環境が整っている専門学校を選ぶことで、就職活動をすることがぐんと有利になるでしょう。特にクリエイター職においては、その会社の雰囲気や仕事の内容など、入社前に身を持って経験しておくことで自分自身との相性を確認できる大切な場になります。短期間のインターンシップはもちろん、月単位の長期インターンシップが可能な専門学校を選ぶこともポイントになるでしょう。

コンテストの受賞実績なども要チェック

興味を持った専門学校を見学に行った時に、チェックするべきポイントのひとつが、過去にコンテストで入賞しているかといった点です。優秀なクリエイターを輩出している専門学校では、過去におこなわれているイベントやコンテストで高い実績を発揮していることが多いものです。過去の生徒の作品がどのような賞を受賞しているか、また現在の在校生はどのようなコンテストに応募しているのかなどをチェックすることも重要となります。

ゲームの専門学校では、ゲーム制作をはじめプログラミングやデザイン、音楽作成などゲーム全般について学びます。そのため、卒業後の進路はゲーム制作会社やIT関連の企業といった進路先が多い傾向にあります。